看護師の平均年収どのくらい?転職理由が給与アップでも大丈夫?

日本にいる看護師の年収は平均して437万円程度です。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤めている看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均して593万円くらいになります。
公務員として働く看護師は給与の上がる率も民間病院と比較すると高く、福利厚生も充実した内容になっています。
准看護師として従事している場合は、看護師よりも年収が平均70万円ほど低いです。
なんといっても、看護師という職業は他職種と比較して高いお給料をもらえます。
だから、というわけではないかもしれませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。
ですが、とにかく忙しいです。
働きづめの病院もあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりというようなことがあるようです。
収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最高でしょう。
看護師の仕事において転職を考えているのであれば、転職後になるべく早く慣れて、そしてじっくりと自分の技術を高めていきたいと思っている方も少なくないですよね。
看護のお仕事という看護師転職サイトは、就職情報に書いてあるお休み、福利厚生、年齢、業務を行っていない間などの条件が本当にみやすくなっていると噂です。
なので、希望条件に合っている転職先を、迅速に発見できるということだと考えられますよね。

看護師の転職理由が給料アップでもOK?【現在の年収にお悩みの方必見!】