NISAは口座開設するとキャンペーンがあるの?お得なのはどの会社ですか?

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限が切れる前に通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAの口座開設キャンペーンを検討しているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番有力な候補としてはやはり証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAをどのように使うのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という非課税期間の期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長5年という条件があり、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に大金を投資するという点で心理的なハードルも高くなります。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株を例にとってみると、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。口座開設キャンペーンも合わせて確認しておくべきでしょう。

参考:NISA口座開設キャンペーン比較!【2018年おすすめは?】

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、毎年120万円の非課税枠があります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、ひとりにつき1口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

5年間までという制限があるのですが、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば非課税期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

これは預金と比較してどうかということではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。