豪ドルMMFは円安になるとどうなるか

外貨MMFでの取引をする場合、円を外貨に交換するというシステムがその基幹となりますので、為替の変動等は大きな影響を与えます。
したがって既に購入している外貨資産などは、円安になればなるほど、その分の為替差益によって得をするという形になります。
つまり例えば1ドル80円の時に外貨MMFを始めたとして、円安によって1ドル100円になれば、当然その差額である20円分なにもしなくても得をしたことになるからです。
当然ながらこれは逆のケースも考えられ、円高が進んでしまえば損をすることになるのです。
これのことから言えるのは、外貨MMFでの購入時期も非常に大事になるということです。
購入後の為替の動きを予測して、より有利に運用していけるよう心掛けましょう。