'; ?> おすすめの備蓄食糧

おすすめの備蓄食糧

おすすめの備蓄食糧

災害に備えての備蓄食料は最低でも三日分は必要です。もちろん1週間分ほどあればより安心できると言えるでしょう。

 

用意しておく食べ物は基本的には開けてすぐに食べられる缶詰やレトルト食品が中心です。

 

今は缶詰に入った、パンやおでん、スープパスタなどいろいろあります。災害時に必要な食事はカロリーを補充するという意味ももちろんありますが、それ以上に「食べておいしいと感じられる食事」をなるべく多く用意することが大切です。

 

例えば半日や1日程度ならカンパンばかりを食べて過ごすこともできるでしょうが、3日4日ともなればストレスも溜まり同時に食欲も落ちて行ってしまいます。

 

ですから災害時にはできるだけ日常と変わらないよう暖かい食べ物や美味しく食べられるものを用意する必要があるのです。

 

例えばお湯が使えるようになればカップめんや温めるだけで食べられるパスタ、さらにはフリーズドライされたスープなども非常に便利です。

 

また飴やチョコレートなど甘い食べ物を備蓄食料に必ず入れておきましょう。特にチョコレートはカロリーも高く、甘いものを食べることでストレス解消にも役立ってくれるのでお勧めです。

 

○アルファ米・・特殊な加工が施してありお湯を注ぐことですぐに食べられる。

 

○缶詰・・おかずとしてそのまま食べられるものを選ぶ。水煮など調理をしなくてはいけないものは不向き。

 

○フリーズドライ食品・・お湯を注ぐだけで食べられる。小さく軽いので備蓄用として特におすすめ。

 

○カップめん・・備蓄食料の定番。ラーメンやうどんだけでなくパスタやご飯ものまでありバリエーションが豊富。

 


おすすめの備蓄食糧関連ページ