'; ?> 災害時に必要なもの

災害時に必要なもの

災害時に必要なもの

1995年に起こった阪神淡路大震災に続いて、今年2011年にはマグニチュード9.0という想像もできないような大きな地震が起こってしまいました。

 

日ごろから万が一の起こる災害に対しての備えは万全でなければいけないと教えられてきましたが、本当に災害時に必要となるのはどんなものなのでしょうか?

 

まず今回のような大きな災害が発生すると電気、ガス、水道といったライフラインはすべて止まってしまいます。ですからまず必要となるのは最小限の飲料水(1人3?×三日分程度)、お湯や水がなくても食べられる食事(缶詰やレトルトなど)などを数日分用意しておく必要があります。また水は飲料水としてだけでなく火災が起こった場合の消火活動や、トイレの排水、手洗いなどの衛生面にも必要となってくるのでお風呂の残り湯などを残しておくのも有効です。

 

 

○災害用ラジオ・懐中電灯など

 

手で回すことによって発電できるタイプが最も好ましい。携帯の充電ができる災害用ラジオもあります。

 

○電池・充電器

 

ラジオなどが電池式の場合には必須。日ごろから準備しておきましょう。

 

○防寒シーツや衣類

 

下着や軍手、靴下、帽子、毛布、カイロなど防寒対策となるものを中心にそろえて置く。

 

○非常用トイレ・ウエットティッシュ

 

災害時にはトイレも大きな問題の一つです。またウエットティッシュは水が自由に使えない時に非常に役に立ちます。

 

○頭痛薬や風邪薬などの常備薬

 

○大きめのタオル

 

毛布代わりにもなり、赤ちゃんのおくるみとしても利用できます。

 

○携帯用ナイフやサインペン、ビニール袋など

 

○サランラップ

 

身体に巻きつけることで防寒対策にもなりますし、食事をするときにお皿に敷いておけば洗う手間が省け節水対策にもなります。

 


災害時に必要なものエントリー一覧

災害に備えての備蓄食料は最低でも三日分は必要です。もちろん1週間分ほどあればより安心できると言えるでしょう。用意しておく...

≫続きを読む

○飲料水・食料品最低でも三日分の水・食料を準備しておく。○懐中電灯・ろうそくなど停電に備えて懐中電灯など明かりの確保はと...

≫続きを読む

★カラダこころ水の特徴カラダこころ水は富士山の玄武岩層を通って湧き出た天然のミネラルウォーター。特にバナジウムの含有量が...

≫続きを読む