'; ?> 備蓄水比較ナビ - 口コミ・人気ランキングとは?

備蓄水比較ナビ - 口コミ・人気ランキングとは?

水は私たち人間にとって、とても大切なものですよね。普段何気なく飲んでいる水だけど、災害などになるとライフラインがストップしてしまう場合があります。水がなくなるとあらゆることに支障をきたしてしまうのです。そんな時の為に備蓄水をいつも用意しておいた方が良いでしょう。もしもの時の備えはきちんとできていますか?その備蓄水にお勧めな水を紹介します。参考にしてみてくださいね。


備蓄水とは?

水は人間にとってのいわば生命線。

 

生活するうえでは一番に欠かせないものであると言えます。

 

ところが災害が起こった場合、電気やガス、水道等のライフラインは脆弱で、少しでも大きな地震が起こるとあっという間に止まってしまうのですね。

 

そして残念なことに復旧するのに大変な時間がかってしまうのです。

 

例えば電気・ガス・水道と重要なラインが3つありますがこのう備蓄水とは地震や台風など万が一におこる災害に備えて用意しておく"水"のことを言います。

 

先日、東北を中心とした東日本で起こった大災害の時にも真っ先に水や電気、ガスといったライフラインが壊滅してしまい、震災から1か月たった今日でさえ復旧のめどが立たない地域もまだまだ多いと聞いています。

 

さらにその後におこった福島の原発事故での放射能汚染から、いつでも安全に飲めるはずであった水道水が飲めないという事態まで引き起こってしまいました。

 

そのおかげで店頭からはペットボトルの水がなくなり、安全に飲める飲料水を探してお店をひたすら捜し歩くという考えられない事態にまで発展してしまったのです。

 

人間にとって水は文字通り"生命線"です。水をなくして人は絶対に生きることは出来ません。

 

そのためもしもの場合に備えての水の備蓄はとても大切なことなのです。

 

人は大きな災害が起こるとその時には自然の恐ろしさを痛感し自然災害への備えも万全になりますが、時間がたつとともにどうしても危機感が薄れがちになってしまいます。

 

でも地震や台風といった自然災害は忘れたころにやってくるのです。

 

特に世界的に見ても地震の発生率の高い、いわば「地震大国」であるわが国では災害に対する備えはいつでも万全でなくてはならないのです。

 

中でも水の確保は一番大切。さらに備蓄する量は家族の人数によっても大きく変わってきます。

 

有事の際にもあわてることがないように、最低限の備蓄水の準備だけは常に忘れないようにしておきましょう。
ち最も早く復旧するのはどれだかわかるでしょうか?

 

答えは電気。電気は災害時であっても比較的早くに復旧するのですが、逆に水道は元に戻るまでにはかなりの時間がかかり、大きな災害時には水の確保がなによりも大きな課題となってしまうのですね。

 

そしてもし各家庭で水を全く備蓄していなければどういったことになるでしょう?

 

ライフラインが復旧するまでの間、もしくは給水車が来るまでの間、食事を作ることはおろか、のどの渇きを潤すことも全くできなくなるのです。

 

水を備蓄する意味はまさしく自分と家族の命をつなぐため。この事こそが水を備蓄することの一番の理由なのですね。

 

ただし、ペットボトルの水をはじめとした飲料水には消費期限があるということを忘れてはいけません。いくら万全に準備していてもイザというときに古すぎて飲めないということでは備蓄水としての意味は全くなくなってしまうのです。もちろんこれは缶詰やカップめんなど非常食にも同じことが言えます。

 

万が一のために用意しておく非常用の備蓄水などは1年に一度の点検を必ず行い、常に新鮮なものと取り換えるようにしておくことが大切です。

 

この未曾有の大災害が起こった今だからこそ、災害時における非常用の備蓄品の見直し・点検をしておくことは大きな意味のあることだと言えるでしょう。


水を備蓄する意味とは?

水は人間にとってのいわば生命線。

 

生活するうえでは一番に欠かせないものであると言えます。

 

ところが災害が起こった場合、電気やガス、水道等のライフラインは脆弱で、少しでも大きな地震が起こるとあっという間に止まってしまうのですね。

 

そして残念なことに復旧するのに大変な時間がかってしまうのです。

 

例えば電気・ガス・水道と重要なラインが3つありますがこのうち最も早く復旧するのはどれだかわかるでしょうか?

 

答えは電気。電気は災害時であっても比較的早くに復旧するのですが、逆に水道は元に戻るまでにはかなりの時間がかかり、大きな災害時には水の確保がなによりも大きな課題となってしまうのですね。

 

そしてもし各家庭で水を全く備蓄していなければどういったことになるでしょう?

 

ライフラインが復旧するまでの間、もしくは給水車が来るまでの間、食事を作ることはおろか、のどの渇きを潤すことも全くできなくなるのです。

 

水を備蓄する意味はまさしく自分と家族の命をつなぐため。この事こそが水を備蓄することの一番の理由なのですね。

 

ただし、ペットボトルの水をはじめとした飲料水には消費期限があるということを忘れてはいけません。いくら万全に準備していてもイザというときに古すぎて飲めないということでは備蓄水としての意味は全くなくなってしまうのです。もちろんこれは缶詰やカップめんなど非常食にも同じことが言えます。

 

万が一のために用意しておく非常用の備蓄水などは1年に一度の点検を必ず行い、常に新鮮なものと取り換えるようにしておくことが大切です。

 

この未曾有の大災害が起こった今だからこそ、災害時における非常用の備蓄品の見直し・点検をしておくことは大きな意味のあることだと言えるでしょう。


水は貯めとくに越したことはない